車売却

車を売るときは車庫証明は不要!車庫証明は何のために必要?他に必要な書類は?

車一括査定で注意する3つのポイントと具体的な対策を徹底解説

車に関わる書類といえば何を思い浮かべますか?

突然質問されてもなかなか思い浮かばないかもしれませんね。

そんな中「車庫証明」を思い浮かべる方は車ツウですね。

  • 車庫証明って必要だったっけ…?
  • 他に必要な書類って何があるんだろう
  • 高く車を売る方法ってあるのかな

そこで今回は車売却の際に車庫証明は必要なのか、必要でないのならどんな書類が必要になるのかということについて解説していきます。

\愛車の最高額をチェックする方法/

車は買取業者が競い合うことでどんどん査定額が上がります。

車一括査定を使うと、あなたの売却予定の車に得意な買取業者が複数社見つかります。

業者同士が自動的に競い合うため、特に交渉せずとも最高額がチェックできます。

  • 楽天カーサービス:AIによる愛車の相場もわかる、依頼だけで楽天5ポイントがもらえる
  • カーセンサー:最大30社の査定額を比較、古い車やボロボロの車も高価買取の可能性大

※必ずしも売る必要はありません。相場をチェックするだけOKです。

車売却時に車庫証明は必要ない

車売却時に車庫証明は必要ない

車売却時に車庫証明は必要ない

しかし車売却の際は本当に車庫証明が必要になるのでしょうか。

結論から述べますと、全く必要ありません。

なぜかというと車庫証明は車を登録する際に必要な書類だから。

実際になぜ車庫証明が必要かを考えればよく分かるでしょう。

車庫証明:正式名称を自動車保管場所証明書といい、「ナンバー付けて走るためにはそもそも車を停めて保管する場所があり、その辺にむやみに保管することはありません」と証明するもの

そのため車を新たに購入する際には必要な書類となりますが、手放す際は本人が車庫を確保していようがいまいが関係ないため、必要のない書類となります。

また車庫証明は山間部など一部地域では登録時であっても必要のない場合があるため、車業界においてもそれほど重要度の高いものではないと思っても大丈夫でしょう。

結果、ここまでの説明で「車庫証明は車売却時には全く必要ない」ということだけを覚えておけば大丈夫です。

しかし車売却の際に車庫証明が必要ないのであれば、他にどんな書類が必要なのでしょうか。

車売却で必要な書類一式

車売却で必要な書類一式

車売却で必要な書類一式

車売却において車庫証明が必要ないことは十分ご理解いただけたかと思いますが、それでは一体どんな書類が必要となるのでしょうか。

それは下記の7点です。

  1. 自動車検査証
  2. 自動車損害賠償責任保険証明書
  3. リサイクル券
  4. 印鑑登録証明書
  5. 自動車納税証明書
  6. 譲渡証明書
  7. 委任状

聞き覚えのある言葉から全く聞いたことのない言葉まで実に様々かと思いますので、それぞれを詳しく解説していきましょう。

自動車検査証

車検証

車検証

自動車検査証とは俗に「車検証」と呼ばれている書類です。

ナンバーの付いている車にお乗りの方であればおなじみの書類でしょう。

この車検証は車の所有者や使用者に関する情報が載っているため車売却において必ず必要な書類になります。

車検証はほとんどの場合車のダッシュボード内にある車検証入れにて保管されていますので、車売却前には必ず確認しておきましょう。

車検時以外に車検証入れを開くことは少ないため無くしてしまうことはあまりないのですが、もし無くしてしまった場合には再発行の必要があります。

再発行の際は車のナンバーが登録されている陸運支局にて、委任状と理由書の提出が必要です。

担当窓口等が分からなければ陸運支局の職員に声をかけてくださいね。

親切に分かりやすく教えてくれますよ。

また、引越しなどにより、車検証と印鑑証明の住所が異なる場合は、住民票が必要な場合があります。

詳細は下記の記事をご確認ください。

131view
新車の値引き額を相場よりも引き出すための5つのコツ【ディーラー営業が知られたくない】
車を売るときに「住民票」が必要な条件と取得方法

車売却をする際はどんな書類が必要なのかあまり分からず悩んでしまう方は少なくありません。 おそらく「仕事の合間などの少ない ...

続きを見る

自動車損害賠償責任保険証明書

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書

車検証と同様に車検証入れの中で一緒に保管されていることが多いのが自動車損害賠償責任保険証明書、つまり「自賠責保険」です。

自賠責保険も車売却の際、期間が満了していなければ必ず必要となります。

もし無くしてしまった場合には再発行が必要ですが、ひとつ注意しておくべきことがあります。

それは再発行に時間がかかるということです。

自賠責保険を再発行する方法自体は単純で、加入している保険会社または保険代理店に「再発行してください」と依頼するだけなのですが、発行されるまでに1週間~1ヶ月程度かかってしまうのです。

そのため車売却を検討する段階で一度確認しておくことをオススメします。

リサイクル券

自動車リサイクル券

自動車リサイクル券

リサイクル券という言葉はあまり聞き慣れないのではないでしょうか。

リサイクル券とは自動車リサイクル法にのっとって発行されている書類で、車を購入した際には必ずついてくるものです。

この書類は「資源として再生させる際の処分料金を、最終的にオーナーになった人がもつ」という趣旨の書類であるため、通常車売却の際には次のオーナーに処分料金を移すことになっています。

そのため車売却時には必要となるのですが、認知度が低いため無くしてしまう方が多くいるのです。

再発行はできないため無くしてしまったら一巻の終わり…かと思いきや実はそれほど重要な問題にはなりません。

実はリサイクル券の再発行はできないものの、「リサイクル預託状況」という情報が分かればそれで大丈夫なのです。

リサイクル預託状況については自動車リサイクルシステムのホームページ(参考URL:https://www.jars.gr.jp/)にて調べることができますが、多くの場合は車買取店が片手間に調べてくれますので、無くしてしまったとしても安心してくださいね。

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書は一般的に「印鑑証明」と呼ばれています。

印鑑証明は名前と住所が記載されているため、車検証上の名前や住所が正しいか照らし合わせるために必要な書類です。

もし結婚や引っ越しなどを理由として車検証上の記載と異なる場合は、戸籍謄本や住民票が必要となりますので併せて取得しておきましょう。

また後述する譲渡書や委任状には実印の押印が必要であるため、ひとつの書類で3役を果たすことができるともいえるでしょう。

あなたの住民票がある市区町村役場または窓口センター(サービスセンター)にて取得できますので、車検証の記載を確認した上で取得してくださいね。

印鑑証明書についてさらに詳しく知りたい方は下記の記事をご確認ください。

46view
車を売るのに実印?印鑑証明が必要?必要性と登録方法をカンタンに解説
車を売るのに実印?印鑑証明が必要?必要性と登録方法をカンタンに解説

日本にいる限り必ずといっていいほど必要なもの、それは印鑑です。 契約や申し込みなど身の回りの重要な書類には必ず押印する必 ...

続きを見る

自動車納税証明書

自動車納税証明書

自動車納税証明書

車売却において自動車納税証明書は法律上必要ない書類です。

しかしなぜ必要なのかというと、車検満了と納税期間の差異を確認するためです。

そのため車買取店は自動車納税証明書の提出を求めてくることが多くあります。

小さな紙切れであるため無くしてしまう方も多いのですが、もし求められたにもかかわらず無くしてしまった場合には正直に「無くしました」と言いましょう。

実は自動車納税証明書の再発行は都道府県税事務所または陸運支局にて簡単にできるため、担当営業マンが片手間に取得してきてくれますよ。

納税証明書についてさらに詳しく知りたい方は下記の記事をご確認ください。

191view
自動車納税証明書
車売却に納税証明書は必要ない!どうして求められる?再発行方法は?

突然ですがここでひとつ問題です。 車検の際に必要となる書類で、無くしやすいものってなーんだ? クルサテ カー君 全然わか ...

続きを見る

譲渡証明書

譲渡証明書は中古車の売買において必ず必要となるメジャーな書類です。

中古車業界では略して「譲渡書」と呼ばれています。

譲渡書は車売却を決めたときに担当営業マンからもらえますので安心してください。

ただし、住所や名前を記載するほか、実印を押印しなければなりませんのでくれぐれも慎重に取り扱いましょう。

委任状

委任状

委任状

自分ではない第三者に車の登録や抹消をしてもらうために必要な書類が「委任状」です。

素人であるあなたが自分の力のみで車の一時抹消や所有権の譲渡手続きなどをすることは難しいため、必ず必要になります。

委任状には先程ご紹介した譲渡書同様に、名前や住所の記載と実印の押印が必要です。

もうお気づきかと思いますが、「印鑑証明」「譲渡書」「委任状」はセットで考えておくと分かりやすいですよ!

下記記事で車を売るときの必要書類はさらに詳しくまとめています。

46view
車売却に必要な書類と紛失した場合の再発行方法を具体的に解説
車売却に必要な書類と紛失した場合の再発行方法を具体的に解説

お得に車を売却するために必要書類を理解しよう! 車の買い替えや売却は、余程の車好きでない限り、人生の内でそう何度もあるこ ...

続きを見る

聞き慣れない言葉も多くあったかと思いますが、実際に覚える必要はありません。

なぜなら車買取店の担当営業マンが細かく指示してくれるからです。

分からないことは担当営業マンへ、という感覚ではなく最初からすべて営業マンを頼るとスムーズに書類が揃えられますよ!

ここまで来れば後は車を高く売るだけです。

もし、まだ売り先を確定していない人は、最後にとっておきの方法をご紹介しますので、心してご覧くださいね。

カンタンに車を高く売る方法

カンタンに車を高く売る方法

カンタンに車を高く売る方法

車売却において最も重要といっても過言ではないのが「どれだけ高く車売却できるか」でしょう。

高く売れれば売れるほど、次の車への買い替えも楽になりますから当然のことですよね。

そこで3章では自動車ディーラーで営業をしている私が最もオススメする方法をご紹介していきます。

下取りではなく買取を選択する

まず高く車売却をするためには自動車ディーラーによる「下取り」ではなく車買取店による「買取」を選択しましょう。

その理由は単純で、下取りよりも買取の方がほとんどの場合で高く売れるからです。

また「高く売れる」の額が1万円や2万円の話ではなく、10~20万円、場合によっては50万円以上にもなるからです。

なぜそれほどまでに高く売れるのかというと、自動車ディーラーは新車の登録・販売に力を入れているのに対して、車買取店は中古車販売に力を入れていることが関係しています。

自動車ディーラーは中古車販売をするよりも、メーカーとの取り決め台数がノルマ化されている新車販売に力を入れているため、下取りをそれほど重要視していないのです。

その結果下取り額が安くなっているといっても過言ではありません。

対して車買取店は中古車の販売を行うことで生計を立てています。

そして昨今の中古車人気の影響で常に在庫車は少ないという状況なのです。

結果的に少しでも在庫車の充実を図り、さらに利益を上げたいと考えているため少し高くついても確実に買い取りたいと思っており、下取りよりも高い結果が出てくるのです。

以上のことから下取りよりも買取の方が高く車売却できるということが分かったでしょう。

しかし高く車売却するためには、買取を選択することに加えてまだまだやるべきことがあります。

複数の車買取店を競合させる

まだまだやるべきこととは「複数の車買取店を競合させること」です。

前述したように車買取店は常に在庫が少なくなっているため、少しぐらい高くついたとしても確実に買い取りたいと思っています。

それはどの車買取店も同様なのです。

そのため3~5社程度の車買取店を競合させることで査定額はどんどんつり上がっていき、最終的には相場の上限前後で車売却することが可能になります。

複数店舗をまわって交渉することは多少面倒くさいかもしれませんが、必ずお得になるので確実に競合させてくださいね。

もしどうしても時間がない方や、面倒くさいと思ってしまう方は次にご紹介する一括査定を利用しましょう。

一括査定を利用する

車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると、お近くの買取店が自動的にピックアップされて、複数の買取店に査定依頼が同時に行えるサービス

車一括査定の流れ

車一括査定の流れ

また登録している業者は無料の出張査定に対応しているため、自宅にいながら複数の車買取店を競合させることも可能なのです。

まさに最短時間で最高の結果を得られる方法といえるでしょう。

査定申し込みまでの時間も5分あれば十分ですので、一度試しに利用してみてください。

お手軽にビックリする結果がでますので、本当に満足できますよ!

一括査定のオススメは「カーセンサー」

車一括査定のオススメ

車一括査定のオススメ

カー君
車一括査定が良いのは分かったけどどれを使えばいいのか分からない・・・

そんなのカンタンよ。どうせ申し込むなら高く売れる可能性が高いものを選べばいいのよ
クルサテ

下記が筆者が考える車一括査定を「買取業者数」「同時比較業者数」「実績」「評判」「入力時間」でまとめた評価チャート。

車一括査定の評価チャート

車一括査定の評価チャート

中でも大事なポイントは「買取業者数」「同時比較業者数」だよ
クルサテ

各評価を5点満点で点数付けすると下記のようになります。

カーセンサーは、提携買取業者数が1,000社以上と同時比較業者数が最大30社と他を圧倒しています。(他は多くて200数社、同時比較業者数が10社です。)

どうせ同じようなサービスを使うのであれば、

  • 一番買取業者を探せる「カーセンサー」を利用
  • 買取業者を減らしたければ、自分で業者を減らす(依頼できる業者は選択式で自分で外すことが可能)

が一番オススメの申し込み方。

カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いという弱点もあります。

ただし、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をより探せるということ

また、「楽天カーサービス」「かんたん車査定ガイド」については、総合点ではかんたん車査定ガイドに軍配が上がりますが、

  • 重視している「買取業者数」が楽天カーサービスの方が多い
  • 申し込みするだけで楽天5ポイントがもらえる

という点で、楽天カーサービスを次点でオススメしています。

前置きが長くなったので、今からオススメ順にポイントを紹介していくね。
クルサテ

買取業者数No.1で高く売れる可能性が高い「カーセンサー」

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーのポイント

  • 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
  • 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
  • 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

古い車や事故車でも買取可能性が大

カーセンサー 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

申し込みだけでポイントがもらえる「楽天カーサービス」

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスのポイント

  • 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント、売却するとさらに楽天1,500ポイント
  • 特徴②:申し込みと同時に愛車の相場が分かる
  • 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

申し込みで楽天5ポイント、売却で楽天1,500ポイントもらえる

楽天カーサービス 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

買取業者を厳選している「かんたん車査定ガイド」

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドのポイント

  • 特徴①:JADRIの審査に通過した優良業者のみで安心感抜群
  • 特徴②:申込みと同時に買取相場が分る
  • 特徴③:入力がカンタン45秒で完了

申し込み後に愛車の相場が分かります

かんたん車査定ガイド 公式サイト

※入力45秒のカンタン入力

車一括査定がしっくりこない方は「車査定・買取の窓口」

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口のポイント

  • 特徴①:売却予定車種に強い買取業者1社を厳選
  • 特徴②:電話は1社のみからしか掛かってこない
  • 特徴③:売却者全員に5,000円のキャッシュバックキャンペーン中

売却者全員に5,000円がキャッシュバックキャンペーン中

車査定・買取の窓口 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

まとめ

以上で車売却と車庫証明をはじめとする書類についての解説を終了しますが、いかがでしたか?

聞き慣れない言葉もあったかもしれませんが、内容自体は簡単だったのではないでしょうか。

ここまでの内容をまとめると

  • 車売却の際、車庫証明は必要ない
  • 必要書類は担当営業マンの指示に従う
  • 複数の車買取店を競合させると高く売れる
  • 一括査定を利用すると楽に最高の結果を得られる

となります。

これだけ覚えておけば必ず満足のいく結果に繋がりますので、確実に実践してお得になってくださいね。

おすすめ記事

152view
これを見れば安心!車一括査定を利用する前に知っておくべき全知識

\ すぐに見たい方はコチラ / 車一括査定のオススメランキング インターネット上で車が高く売れる方法としてよく紹介されて ...

212view
新車とは違う!中古車の値引き事情と値引き交渉5つのコツ

車は私たちの生活になくてはならない存在ですが、生活への負担を増やさないために新車ではなく中古車の購入を検討している方も多 ...

1,157view

車を売ろうと考えていて、テレビCM/ラジオCMや町中の看板から「ガリバー」を思い浮かべる人も多いと思います。 そこで下記 ...

1,833view
ビッグモーター

車を売ろうと考えているとき、ふっとテレビCM、ラジオCMで流れている「ビッグモーター」を思い浮かぶ人も多いと思いますが、 ...

-車売却

Copyright© クルサテ , 2019 All Rights Reserved.