車の乗り換えはお得なの?それとも乗りつぶすべきなの?

車の乗り換えはお得なの?

最終更新日:2019年5月30日

車の乗り換えはお得なの?
大切にしてきた車でも、古くなれば故障個所が増え、いつかは乗り換えなければなりません。

 

また、生活環境の変化に応じて、そろそろ乗り換えを検討している方も少なくないと思います。

 

とは言え、車は決して安い買い物ではないため、そうやすやすと乗り換えの決断はできないものです。

 

そして、下記のような悩みや疑問をお持ちではないでしょうか?

 

  • 車をお得に乗り換えるタイミングを知りたい
  • 5年乗った車を買い替えるのはもったいないの?
  • お得に車を売買できる時期はいつ?
  • 一番お得に車を乗り換える方法を知りたい

 

今回の記事では、乗り続けるのと乗り換えるのではどっちがお得なのかについて、車業界に20年以上携わる筆者独自の見解をお話していきます。

 

その上で、本当にお得な乗り換え方法やタイミングについても詳しくご紹介していきますので、今乗り換えを検討している方はぜひ参考にしてください。

 

【裏技】1社だけの査定では損?複数社を比べて愛車の最高額をチェック

・申込みした直後に愛車の相場が分る。相場を知るだけでもOK。
・たった1回のカンタン査定で最大2,000社があなたの車に入札、個人情報も流れないから安心
https://ucarpac.com/


・提携している買取業者数がNo.1の「カーセンサーの一括査定」なら、古い車、ボロボロの車などどんな車でも高く売れる可能性大
http://carsensor.net/

 

"乗り換え"と"そのまま乗り続ける"のはどっちがお得?

 

ぼくの車もずいぶん古くなってきたからそろそろ乗り換えようかなって思うんだけど
直せばまだまだ乗れるし、お金もかかるし……。


 

 

そうねぇ。確かに車は高い買い物だから悩むわよね。


 

 

このまま乗っているのと買い替えるのはどっちがお得なのかなぁ?


 

 

それはなかなか難しい問題よね。
じゃあ一つずつ整理をしながらどっちがお得なのか考えていきましょう!


 

車を買い替えるとなれば、安く見積もって新車なら100万円以上、中古車でも数十万円程度の費用がかかります。

 

自家用車の乗り換えは経済的にかなり余裕がある場合を除き、家計に大きな負担になるのは間違いありません。

 

そこで、今乗っている車をこのまま乗り続けるのと、新しい車に買い替えるのとでは、どっちがお得なのかというのは多くの方が抱く疑問です。

 

家の経済状況や家族構成、車の使用頻度や使用目的などはさまざま。

 

どっちがお得かというのは一概に断言することはできません。

 

ですが、損をしたと後悔することなく、自家用車をお得に乗り換えるためには、いくつかのポイントに絞って考えることが重要。

 

ここからは、車業界に20年以上携わっている筆者の経験をもとに、車を乗り換えるのはお得なのか損なのかについてお話していきたいと思います。

 

乗り続けた方が費用は掛からない

できるだけ車にお金を掛けたくないならば、乗り換えずにそのまま乗った方がお得です。

 

ところが、古くなり走行距離が増えてくると、いろいろな場所が故障し、その度に修理しなければならず、故障内容によっては10万円以上の修理費が掛かることあります。

 

 

そんなに掛かるなら乗り換えた方が得では?


 

ですが、単純に出ていく金額だけを考えれば、新たに車を購入するよりも修理をして乗り続けた方が、結果的に出費は少なくなります。

 

税金の負担が増えても乗り続ける方が負担は少ない

車を長く乗り続ける上で忘れてはいけないのが、日本では車に長く乗ることで税負担が重くなるということ。

 

2019年4月現在の税制度では、新車から13年以上経過した車の場合、毎年5月に支払う自動車税が最大で約15%(軽自動車は驚異の約80%)増額されます。

 

13年以上の車の税金については「車の税金は13年経過すると上がる!トータルで見ると買い替えた方が得?」で詳しく解説しています。

 

また、車検のときに支払う重量税も最大で約40%(軽自動車は約24%)程度税金が増えるため、ここでも古い車は乗り換えた方がお得と思われるかもしれません。

 

ですが、税金が増税(重課)されることで増す負担額は、多く見積っても1年間で2万円程度。

 

対して、100万円のローンを組んで新たに車を購入したと仮定した場合、1年間の論返済額は約33万円強となります。

 

つまり、車を新たに購入する費用に比べれば、仮に、毎年10万円程度の修理費が発生したとしても家計への負担は小さいのです。

 

もちろん、20年30年と乗り続けているような場合や、大きな事故に遭ってしまったような場合は、乗り換えた方がお得になる可能性もあります。

 

しかし、一般的な使用方法で、走行距離も年間1万km程度であるならば、乗り続ける方が車にかかるお金を少なくできるのは間違いありません。

 

ライフスタイルに合わせた買い替えがお得

「車に掛かるお金」だけで見た場合、大きな事故にでもあわない限り、そのまま乗り続ける方が出費を小さく押さえることができます。

 

ですが、生活を快適にするための道具として捉えた場合、単純な維持費だけで判断することができません。

 

そこでポイントとなるのが、結婚や出産、転勤といった生活環境の変化

 

例えば、普段乗ることになる人数が夫婦2人だけであれば、燃費の良いコンパクトカーで十分ですし、おしゃれに2シーターのスポーツカーという選択肢もあります。

 

しかし、結婚しお子さんが生まれれば、チャイルドシートがつけやすい車種に買い替えるのも良いでしょう。

 

2012年7月以降に新車として発売されたすべての車種には、ISOFIX(アイソフィックス)という国際規格に準じた、チャイルドシートを固定する専用金具を備えています。

 

それまで大変だったチャイルドシートの脱着が容易になり、誤使用を防ぐ効果も期待でき、お子さんが生まれたらぜひ検討していただきたいポイントです。

 

さらに、お子さんが2人以上に増えれば、コンパクトカーではやや手狭になるため、3列シートを備えたミニバンに乗り換えるのもオススメ。

 

このように、「子供が生まれた」「家族の人数が増えた」など、車は家族で使うものだからこそ、単純な費用だけで判断することはできません。

 

主に使う用途や、誰が乗るのかということを考え、今の生活に車を合わせていくことが大切です。

 

子供が産まれたときのオススメの車については「子供が生まれた!車を買い替えたいけどおすすめの車種はどれなの?」で詳しく解説しています。

 

通勤に適した車については「【2019年最新】車通勤にオススメの車種は?元ディーラーが徹底解説」で詳しく解説しています。

 

車検は買い替えのチャンス!

車に乗っていれば必ず車検を受けなければならず、家計の大きな負担になることは避けられません。

 

そのため、車検を機に乗り換えを考える方も少なくないのではないでしょうか。

 

ただ、車を下取りや買取に出す場合、車検が残っている方が高くなるという意見もあり、車検を取得してから乗り換えるべきなのか迷っている方もいらっしゃると思います。

 

しかし、筆者としては、下取りや買取において車検の残りは気にしなくて良いという意見です。

 

その理由は、仮に10万円の費用をかけて車検を取得してから手放したとしても、車検費用を回収するほどのプラス査定を得られないからです。

 

そこで、車検が近いのであれば、まずは車検の見積をとり、修理費用が多額になるようなら乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

 

ただし、期限ギリギリに車検を受けると、購入するにも売却するにも余裕を持って交渉する時間が取れません。

 

車検費用によって乗り換えを決めるつもりなら、少なくとも車検期限の1か月前までに車検見積を取るようにしましょう。

 

このように、費用面だけで言えば乗り続ける方がお得なのは間違いありません。

 

しかし、大きな不具合が発生したり、生活環境が変化したりすることで、乗り換えければならないこともあります。

 

そこで、費用をかけるのであれば、少しでもお得な方法を選び、損が無いように乗り換えることが大切です。

 

そこで下記からは、車をお得に乗り換える具体的な方法や注意点についてお話していきます。

 

少しでもお得に乗り換えるなら決算月を狙おう

車をお得に乗り換えるなら、繁忙期である3月や9月を狙いましょう。

 

多くの企業の決算期でもある3月や9月は、車業界にとってもっとも忙しく特別な時期なのです。

 

新車ディーラーは、そのメーカーの新車を販売し、シェアを拡大することを大な仕事。

 

そして、ディーラーはメーカーと1年間の販売台数を約束しており、約束以上の台数を販売するとインセンティブ(販売奨励金)を獲得することができます。

 

通常月では値引き額には限界がありますが、ディーラーでは上記のインセンティブを充てに、決算期は特別な値引き枠を解放することに加え、さまざまなキャンペーンを実施。

 

そこで、3月や9月まで買い替えを待てる方は、特別な恩恵が受けられる繁忙期の乗り換えがオススメなのです。

 

新車の購入時期については「現役ディーラーに聞いた!新車購入の安い時期と安くする3つの方法」で詳しく解説しています。

 

では、中古車の購入や車の売却に繁忙期が関係ないのか言うとそうではありません。

 

次は、中古車の購入と売却という観点から、なぜ繁忙期の乗り換えがオススメなのか見ていきましょう。

 

繁忙期は新車だけでなく中古車も活気づく

中古車販売店も新車ディーラーと同じく、決算期である3月と9月には高い販売目標が設定されます。

 

そのため、各中古車販売店では、ローンの低金利キャンペーンや購入後のオイル交換無料サービスなど、ユーザーがお得になるサービスを用意。

 

新車と同様、中古車の購入を検討している方は、繁忙期に購入することがオススメです。

 

そして、3月から4月は、入学や転勤など人々の生活環境が大きく変化するタイミングのため乗り換え需要が増加。

 

中古車販売店にとっても、3月から4月は1年でもっとも販売台数にこだわる時期なのです。

 

そんな繁忙期に、売れる中古車の在庫をシッカリと確保しておかねば、せっかく購入のために訪れたユーザーを逃しかねません。

 

すると、中古車在庫を確保するため買取相場も上昇。

 

結果として、繁忙期である3月から4月に車を車買取店に売却することが車を高くお得に売れるタイミングなのです。

 

ただし、車を売るという点をもう少し細かくご説明すると、3月や4月に売るのは少々注意しなければなりません。

 

下記では、繁忙期に車を売る際に注意していただきたい点についてお話していきます。

 

車買取店に売るなら2月から3月がねらい目

上記でお話してきたように、通常3月が企業の通期決算にあたり、4月は生活環境の変化から、中古車市場がもっとも活気づく時期でもあります。

 

ところが、車を車買取店に売る場合には、それよりも1か月早い2月から3月に売却することがオススメです。

 

通常、車を買い取ってから、中古車として販売可能になるまで数週間かかります。

 

つまり、3月の下旬になってしまうと、もっとも売れる3月や4月に間に合わない可能性があるのです。

 

そこで車買取店では、2月から買取を強化するキャンペーンを実施していることが多くあります。

 

その証拠に、中古車の販売と買取で国内トップクラスであるガリバーでは、決算月を2月に設定しているほど。

 

3月から4月にかけて販売が強化されるのと同じく、買取が強化される2月から3月は通常月に比べ査定が高めになる傾向なのです。

 

車が高く売れる時期については「車売る時期は1~2月・7~8月がベスト!でも売りたい時に売るのがベスト」で詳しく解説しています。

 

また、3月末~4月頃は税金について注意する必要があります。詳細は「車の買い替え時期によって税金は違うの?いつがベストか徹底解説」「車を売った時の税金取り扱いガイド!自動車税や自動車重量税は戻ってくる?」で詳しく解説しています。

 

下記章からは、さらに車をお得に乗り換えるための流れについて詳しくご説明していきますのでご覧ください。

 

車をお得に乗り換えるための"ひと工夫"

ここまでお話ししてきた内容をもとに、お得に乗り換える方法についてお話していきますが、大切なことはすべての可能性を潰さないことです。

 

上記の話を総合すると、「車をお得に乗り換えるなら2月下旬から3月が良い」となります。

 

ですが、すべての方がそのタイミングで乗り換えられるわけではなく、タイミングばかりにこだわると乗り換えの好機を逃してしまうかもしれません。

 

なぜなら、車は年式が古くなればなるほど査定額は下がるものですし、あなたの希望に合った中古車は、1週間後には売れてしまっている可能性もあります。

 

また、査定額だけで比較した場合、下取りよりも買取の方がお得になる可能性は高いのはご存じの通り。

 

しかし、これについても、絶対に下取りがダメと言うわけではありません。

 

例えば10年15年以上乗り、走行距離が15万kmを超えている場合、車種によっては買取額が付かないことがあります。

 

そんな時、ディーラーの下取りでは、購入する車の値引き分として、査定額の付かない車でも、数万円程度つけてくれることも珍しくないのです。

 

そのため、ディーラーでの下取りを切り捨てることはお勧めしませんが、ディーラーでの下取りには気を付けなければならにポイントがあります。

 

新車購入の見積は下取りと値引きを明確に!

ディーラーでの新車購入と下取りは、お得に車を乗り換えるために注意しなければならないことがあります。

 

それは、見積書で合算されることで、値引き額と下取り額それぞれの金額が不明瞭になるということです。

 

新車を売ることが主な仕事であるディーラーでは、下取りした車を転売して利益を上げているわけではありません。

 

ディーラーでの下取りは、あくまでも購入する車の値引きの一部として扱われることがあります。

 

すると、限界の値引き額や下取り額が見えなくなってしまい、結果として損をしてしまうことがあるのです。

 

したがって、新車ディーラーで車を購入する場合は、値引きと下取額は別々に算出し、見積に記載してもらうようにしましょう。

 

新車の値引きについては「新車の値引き額を相場よりも引き出すための5つのコツ」で詳しく解説しています。

 

順番を意識して複数の業者で査定を受ける

下取り査定をシッカリ受けたら、次は車買取店で買取査定を受けます。

 

なぜディーラーでの下取り査定を先にするのかというと、一般的に安いと言われる下取り額を把握しておくことで査定額の下限値を知ることができるのです。

 

また、ディーラーで購入することがほぼ決まっていれば、下取りを辞めたからと言って、値引き額が変化することはありません。

 

下取り査定のあと、車買取店で査定を受け、万が一下取り査定の方が高い、もしくは、総合的に見てディーラーの方がお得だと思えば、車買取店での買取を断れば良いのです。

 

ただし、どんなにしつこく聞かれたとしても、車買取店側に下取り査定額を伝えてはいけません。

 

下取り額が分かってしまうと、こちらの手の内を見せてしまうことになり、本当に限界の買取額を引き出しづらくなってしまいます。

 

このように、査定を受ける順番を工夫しあらゆる選択肢を残すことによって、お得に車を乗り換えることにつながるのです。

 

そして、ここでもっともポイントになるのが、これまで乗ってきた車を最大限高く買い取ってもらうこと。

 

最後の章では、そのために有効な手段である一括査定について詳しくお話していきます。

 

車買取店で査定を受けるなら一括査定がオススメ

 

今乗っている車を高く買ってもらうにはどうしたらいいんだろう?


 

 

それなら、一括査定がオススメよ!


 

 

一括査定ってなに?


 

上記でお話したように、下取り査定を受けたあとに車買取店で査定を受けるという順番はとても大切。

 

そして、車買取店での査定は一社だけで受けるのではなく、複数の車買取店で査定を受けることが車を高く売るために欠かせないポイントです。

 

しかし、複数の買取店を回って査定を受けるのは時間も手間もかかるため、あまり現実的な方法ではありません。

 

そこで、必要事項の入力が一度で済み、複数の車買取店に査定申し込みができる一括査定の利用がオススメです。

 

一括査定とは、あなたの車の情報と住所をネット上で入れると、あなたに車にマッチするお近くの買取業者を自動的に複数社マッチングしてもらえるサービスです。
車一括査定の流れ

 

一括査定を上手に利用すればお得で楽に乗り換えできる

一括査定と聞くと、申し込みと同時に電話が鳴りやまなくなるというネガティブな要素が浮かぶ方も少なくないと思います。

 

しかし、きちんと電話を受ける体制を整え、スケジュール調整をするためのメモさえ夭死しておけば、電話はそれほど恐れる必要はないのです。

 

一括査定を上手に利用することで、電話というデメリットを覆すほどのメリットを得ることができます。

 

そして、まだ購入する車が決まっていないなら、一括査定の申し込みやアポイントのとき、乗り換え予定であることを伝えておきましょう。

 

ガリバーやビッグモーターなどの大手車買取店では、中古車の販売を行っているため、車探しや購入までお願いすることができます。

 

車一括査定のオススメはカーセンサー

カーセンサーと聞くと中古車情報サービスが有名ですが、その情報網を生かした車一括査定も非常にオススメ。

なぜなら数ある車一括査定の中で参加している買取店が一番多いため。


下記、主要な車一括査定の参加買取店を比べてみました。(※2019年4月現在)


  • カーセンサー → 1,000社以上
  • ズバット車買取 → 237社
  • カービュー → 212社
  • 楽天オート → 100社以上
  • かんたん車査定ガイド → 45社

ご覧いただくとわかる通り、カーセンサーは他の一括査定に比べて参加買取店が圧倒的に多く1,000社以上の買取店が参加しています。


参加している買取店が多いということは、それだけ競合性が高く高額査定を狙いやすいということ。


車一括査定を使う一番の目的は高く売れることです。


高く売れる可能性が一番高いのが「カーセンサー」。



車一括査定については「これを見れば安心!車一括査定を利用する前に知っておくべき全知識」でもさらに詳しく解説しています。

 

まとめ

記事の冒頭で申し上げた通り、費用面だけで言えば乗り換えずにそのまま乗り続ける方がお得です。

 

しかし、車は工業製品である以上、使っていれば修理やメンテナンスにお金がかかります。

 

また、生活環境が変われば、その環境に合った車へ乗り換えることも必要。

 

このように、例えいくらかの費用が掛かったとしても、車は私たちの生活に欠かせない存在だからこそ、乗り換えは決して無駄ではないのです。

 

そして、どうせ費用が掛かるのであれば、査定の順番を工夫し、少しでもお得に乗り換えられる時期を狙うことも大切なポイントです。

 

一括査定なども駆使すれば、さらにお得に車を乗り換えることができますので、あなたも是非前向きに乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

新車の値引き額を相場よりも引き出すための5つのコツ
これから新車の購入を考え、この記事にたどり着いた多くの方は、「上手な値引き交渉はどうしたら良いの?」「新車は実際いくらくらい値引きしてもらえるの?」「プロの営業マン相手の値引き交渉って難しそう」「損をせずお得に新車を購入する方法を知りたい」と思っていることでしょう。そこで今回の記事では、上記のような悩みや疑問を解決するため、15年以上車業界に携わってきた筆者の経験をもとに解説していきます。
現役ディーラーに聞いた!新車購入の安い時期と安くする3つの方法
新車購入を検討している人は、「お得に購入したい」と誰もが考えると思います。世間では、新車購入は決算期が安くなるよ!と耳にすると思います。結論を伝えると確かに「2~3月」は安くなります。ただし、ディーラー営業マンも慣れているため、しっかりと掴むところは掴んでおかなければなかなか値引きも苦労します。今回は、それらの疑問や不安を解消するために、筆者の知人である現営業ディーラーに本音を教えてもらいました。具体的には、新車購入の安い時期とその理由、また安くする交渉術を中心に、誰でも実践できるように具体的にご紹介していきます。
これでもう大丈夫!車の買い替え準備に必要なもの全まとめ
車の買い替え時の流れや準備などが分からない方のために、買い替え時に必要な知識を解説していきます。
車の買い替え時期によって税金は違うの?いつがベストか徹底解説
車をお持ちの方にとって、年に一度の自動車税は本当に邪魔なものだと思っていませんか?「税金」のため納めないわけにはいかず、なかなか納得いかないですよね。そのため「できれば買い替え時に自動車税を回避したい」「自分の自動車税が分からず毎年不安になってしまう」などの悩みを抱えている方が多くいるかと思います。そこで今回は自動車税がどのようなものか、買い替えの際に自動車税を回避する方法があるのかなど、買い替え時にかかる自動車税に関して解説していきます。決して難しいものではないため、読み終える頃には自動車税や買い替えに関して理解していることでしょう。
車買い替えの時期・タイミングのベストと2つの注意点
いざ買い替えるとなったとき、「車の買い替えは何から手を付けたらいいの?」「車を買い換える適切なタイミングとは?」「車検継続か買い換えかはどこで判断すればよいか?」「買い換えで損をしないためにはどうするべきか?」のような悩みや疑問をお持ちなのではないでしょうか。この記事では、上記のような悩みや疑問を解決するため、損をせずお得に車を買い換える方法はもちろん、車の買い替えの流れや、車検継続か買い換えを判断するポイントまでを解説します。
【2019年最新】車通勤にオススメの車種は?元ディーラーが徹底解説
あなたは自分が乗っている車をどんな用途で使うことが多いですか?休日のドライブやアウトドアなど色んなことで使うかと思いますが、車に乗っている最も多くの時間は「通勤」によるものではないでしょうか。そこで今回は車通勤にオススメの車についてご紹介するとともに状況別にオススメ車種までを一挙公開していきます。車好きの方もそうでない方も、読み終わる頃には「こんな車にしよう!」と思いが膨らむかもしれませんよ。しっかりと最新の車種情報も入れています。
自動車ローンの5つの審査基準と通りやすくするための3つのポイント
新車中古車問わず、車は言えの次に高い買い物ですので、新たな車の購入には、現金ではなく自動車ローンの利用を考えている方も多いはずです。しかし、それほど高額なローンを組むなど滅多にあることではないため、分からないことも多いのではないでしょうか。今回の記事では、一般の方にはあまり知られていないローンの審査基準についてご紹介。また、車を購入する際に良く利用される「ディーラーローン」や「銀行系マイカーローン」の違い、さらに、ローンに通りやすくするためのポイントについて詳しく解説していきます。
車のローンが残っている/新車に買い替えることは可能?大丈夫?
新車や中古車を購入するときに多くの人がお世話になる支払方法のローンは、月々の支払いを抑えることが可能であるため、購入計画が立てやすいですよね。しかし購入計画をたてて購入したからといって、何かしらの事情がありローンの途中で買い替えなければならないこともあるかと思います。そこで今回はローン途中での買い替えに注目して、ローンに関するアレコレをご紹介していきます。ローン途中での買い替えに迷っている方は、きっとこの記事を読むことでどのように行動すべきか分かるでしょう。
子供が生まれた!車を買い替えたいけどおすすめの車種はどれなの?
人生の中で大きなイベントと言えば、結婚、出産、子育てなど様々なことがあるかと思います。特に「子供が生まれた」ときなどは悩みに悩んで、車の買い替えを検討しなければならないときが来ます。「そもそもどんな車を選べばいいのか分からない」「子供の数が分からないから、買い替えを迷っている」「子育てが始まるのにローンを組んでもいいのか」など様々な理由で不安になっているかと思います。そこで今回は「子供が生まれた」という大きなライフイベントが起きた場合に、どんな車買い替えが理想なのか、またどんな車種がオススメなのかを解説します。