車売却

車の名義人が本人ではない場合の売却方法と名義変更の手順・必要書類

車売却を心に決めて「さあ、売るぞ!」と動きだそうとしている方、ちょっとだけお待ちください。

もしかしたらその車「あなたのものでない」かもしれませんよ…?

あまり気にしたことはないかもしれませんが、実は車には「所有権」というものが明記されており、所有者の名前があなたではない場合があるのです。

…ということはあなたが通常乗っていたとしても「あなたの車」とはいえません。

また無断で売却することもできないのです。

  • 自分の車はもう売ることができないの?
  • なんとかして売る方法はないの?
  • もし売れるのであれば高く売る方法はあるの?

今回はそんな疑問を解決すべく、所有者の名義人や車売却の関係について解説していきます。

いざ売却を決意したときに困らなくなると思いますので、ポイントをしっかり押さえておきましょう。

\愛車の最高額をチェックする方法/

車は買取業者が競い合うことでどんどん査定額が上がります。

車一括査定を使うと、あなたの売却予定の車に得意な買取業者が複数社見つかります。

業者同士が自動的に競い合うため、特に交渉せずとも最高額がチェックできます。

  • 楽天カーサービス:AIによる愛車の相場もわかる、依頼だけで楽天5ポイントがもらえる
  • カーセンサー:最大30社の査定額を比較、古い車やボロボロの車も高価買取の可能性大

※必ずしも売る必要はありません。相場をチェックするだけOKです。

車の名義人が違うよくある3つのケースと売却方法

車売却で名義人が違う場合はどうすればいいのか

車売却で名義人が違う場合はどうすればいいのか

所有権を持つ名義人の名前はご自分でしたか?

もしも違っていたのであれば下記のいずれかに当てはまっているかと思います。

名義人が親の名前

親が車を買い替える際、車売却をせずに自分が譲り受けるとこのような状態になっているかもしれません。

また入学祝いや就職祝いで車を購入してもらった方もこちらに当てはまる場合があります。

所有権の名義人が親である場合は比較的楽に済むかと思いますので安心してください。

後ほど紹介します。

名義が親の場合の売却方法

所有者の名義が親の場合は比較的簡単に済ませることが可能です。

売却までの流れとしては、所有権の譲渡をしてもらうだけで後は売却するだけだと思って大丈夫でしょう。

親に書類の準備等を依頼することになりますので精神的に負担が少なく済むかと思います。

車売却に関わる基本的な流れは「所有権の名義人を自分にする」→「売却」というものですから覚えておきましょう。

名義変更に必要な書類

自分が用意する書類は

  • 印鑑証明…市役所や窓口センターで発行可能
  • 車検証…車検証入れの中で保管していることが多いため、車検証入れごと持っていけば大丈夫

の2点です。

書類ではありませんが実印や手数料(数百円)も必要なので忘れないようにしましょう。

また、親が用意する書類は

  • 譲渡証明書…国土交通省のHPで入手可能
  • 委任状…国土交通省のHPで入手可能
  • 印鑑証明…市役所や窓口センターで発行可能

の三点です。

どれも簡単に入手でき、特に記入の仕方も難しくはありませんので気負う必要はないでしょう。

名義人がローン、リース会社の名前

あなたが自分の車をローンやリースを利用して購入している場合は、所有権の名義人が「○○銀行」や「○○リース株式会社」となっていることが多いかと思います。

その場合にはローン会社やリース会社に依頼することになりますが、必要書類次項さえクリアしていれば大丈夫ですので安心してください。

名義がローン会社、リース会社の場合の売却方法

ローン会社やリース会社などが所有権の名義人である場合、車売却をするためには少しだけ手間がかかると思っておいてください。

ローン会社やリース会社が所有者である場合、「残債が残っていない=完済している」必要があります。

完済している車であれば書類の準備や所有権の譲渡などの必要手続きがスムーズにできるでしょう。

もしも残債のある車を売却する場合には少し注意が必要で、「売却額が残債を上回る」必要があります。

簡単に「売却額で返せるのであればOK」と考えても良いかもしれません。

売却額が残債を上回っているのであれば、完済時と同様に譲渡書類等を揃えることは簡単であるため、所有権の譲渡→売却という流れになります。

名義変更に必要な書類

自分が用意する書類は、

  • 印鑑証明…市役所や窓口センターで発行可能
  • 車検証…車検証入れの中で保管していることが多いため、車検証入れごと持っていけば大丈夫

の2点です。

書類ではありませんが実印や手数料(数百円)も必要なので忘れないようにしましょう。

ローン・リース会社に用意してもらう書類は、

  • 譲渡証明書…国土交通省のHPで入手可能
  • 委任状…国土交通省のHPで入手可能
  • 印鑑証明…市役所や窓口センターで発行可能

の3点。

自分で入手方法を把握していなくても、ローン会社やリース会社は慣れていますので、依頼後数日以内に発送されてくるかと思います。

名義人が死亡した人の名前

所有権の名義人が祖父母や親で、その方が亡くなられた場合です。

一般的な売却方法とは異なる部分があるため注意しておく必要があります。

名義が死亡した人の場合の売却方法

名義人が死亡している場合は「自分が車両を相続している証拠」または「相続している人から譲渡されること」が必要です。

こちらに関しても所有権の名義を自分にして、その後売却という流れになります。

名義変更に必要な書類

こちらに関しては

  • 印鑑証明…市役所や窓口センターで発行可能
  • 車検証…車検証入れの中で保管していることが多いため、車検証入れごと持っていけば大丈夫
  • 亡くなられた方の戸籍謄本…市役所や窓口センターで発行可能
  • 売却予定の相続人「全員」の印鑑証明…市役所や窓口センターで発行可能
  • 遺産分割協議書…相続が発生した際に作成するものなのでご自身保管されているかと思います

の5点が必要となります。

しかし「相続人から譲渡を受ける」などの場合は非常に手続きがややこしくなるので、車買取店や自動車ディーラーに任せることをオススメします。


以上が各ケースで車売却をするための簡単な流れです。

基本的には所有権の名義人を自分に変更してその後売却するという流れになりますので、名義変更→売却という基本的事項は覚えておきましょう。

次章ではより詳細に名義変更の手順や必要書類を解説していきます。

車の名義人を変更のための手順

名義変更のための手順は?

名義変更のための手順は?

所有者の名義が自分以外になっている場合、名義変更をしなければならないということは分かったかと思いますが、実際に名義変更は簡単にできるのでしょうか。

答えは「イエス」です。

専門的な手続きかと思われていますが、実は意外にも簡単なんですよ。

自分で名義変更をする場合

1.手続きのために必要な書類を揃える

自分が必要な書類、所有権の名義人に必要な書類を揃えます。

所有権の名義人に連絡をし、名義変更に必要な書類を用意してもらいましょう。

また書類に不備がある場合は新たに揃え直さなければならなくなりますので、慎重に行いましょう。

2.陸運支局で名義変更手続き

車のナンバーが登録されている陸運支局にて揃えた書類を提示し、名義変更を行います。

普段行き慣れない場所であるため不安もあるかと思いますが、多くの職員が親切に教えてくれるので安心してください。

担当窓口の案内も分かりやすく表示されていますので、行ってしまえばスムーズに名義変更の手続きができるかと思います。

ここまでの説明で「あれ?名義変更って簡単だぞ」と思いませんでしたか?そうです。

みなさんが思っている以上に簡単なんです。

他者に名義変更の依頼をする場合はもっと簡単なので私はこちらをオススメします。

他者(買取店やディーラー)に依頼する場合

1.自分の必要書類を揃える

先程とは異なり「自分の分だけ」必要書類を揃えます。

全ての必要書類を覚えておかなくても、問い合わせればプロの営業マンが即時に答えてくれますので安心ですね。

所有権の名義人に関する書類は担当営業マンが先方へ問い合わせ、用意してくれるので考えなくても大丈夫です。

2.自分の書類を揃えたら買取店やディーラーへ

揃えた書類を担当者に渡します。

あとは担当者が名義変更を代行してくれますので新しく出来上がった車検証を待つだけです。

どうですか?

先程よりも簡単だと思いませんか?

他者に依頼をすることでこんなにも簡単に名義変更は済みますので、売却時に名義変更をする場合はこちらの方法がオススメでしょう。

自分で全てを覚えておく必要がなく、プロに任せられる安心感は大きいかと思いますのでぜひ検討してくださいね。

さて、車売却前の名義変更について理解したところで、最後に一番知りたいことが残っていますよね。

そう、「高く売る方法」です。

高く売るためには一括査定がオススメ

高く売るためには一括査定がオススメ

高く売るためには一括査定がオススメ

あなたは車売却の際、どこに売ると高く売れるかご存知ですか?

それは「車買取専門店」です。

実は車買取専門店は自動車ディーラーによる下取りよりも高く買い取ってくれる場合がほとんどで、一次(初回)見積もりの段階で金額差が30万円以上になることも珍しくないのです。

中古車市場が活発であるからこそなせる力技ですね。

そんな買取専門店による高価買取をより遅くにするためには「複数の買取専門店による競合」が必要となります。

しかし複数の店舗をまわって競合をさせることは、正直疲れますよね。

そこでオススメなのが一括査定です。

車一括査定とは、あなたの住所や車種情報を入れると、お近くの買取店が自動的にピックアップされて、複数の買取店に査定依頼が同時に行えるサービス

車一括査定の流れ

車一括査定の流れ

そのため無駄な時間を割くことなく、体力的にも余裕を持って最高額を出すことができるのです。

また名義変更も同時に行う場合がほとんどですので、手間がかからず本当に便利かと思います。

ぜひ一度利用してみてくださいね。

一括査定のおすすすめは「カーセンサー」

車一括査定のオススメ

車一括査定のオススメ

カー君
車一括査定が良いのは分かったけどどれを使えばいいのか分からない・・・

そんなのカンタンよ。どうせ申し込むなら高く売れる可能性が高いものを選べばいいのよ
クルサテ

下記が筆者が考える車一括査定を「買取業者数」「同時比較業者数」「実績」「評判」「入力時間」でまとめた評価チャート。

車一括査定の評価チャート

車一括査定の評価チャート

中でも大事なポイントは「買取業者数」「同時比較業者数」だよ
クルサテ

各評価を5点満点で点数付けすると下記のようになります。

カーセンサーは、提携買取業者数が1,000社以上と同時比較業者数が最大30社と他を圧倒しています。(他は多くて200数社、同時比較業者数が10社です。)

どうせ同じようなサービスを使うのであれば、

  • 一番買取業者を探せる「カーセンサー」を利用
  • 買取業者を減らしたければ、自分で業者を減らす(依頼できる業者は選択式で自分で外すことが可能)

が一番オススメの申し込み方。

カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いという弱点もあります。

ただし、その分あなたの車をより高く買い取ってくれる買取業者をより探せるということ

また、「楽天カーサービス」「かんたん車査定ガイド」については、総合点ではかんたん車査定ガイドに軍配が上がりますが、

  • 重視している「買取業者数」が楽天カーサービスの方が多い
  • 申し込みするだけで楽天5ポイントがもらえる

という点で、楽天カーサービスを次点でオススメしています。

前置きが長くなったので、今からオススメ順にポイントを紹介していくね。
クルサテ

買取業者数No.1で高く売れる可能性が高い「カーセンサー」

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーの評価チャート

カーセンサーのポイント

  • 特徴①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
  • 特徴②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上
  • 特徴③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

古い車や事故車でも買取可能性が大

カーセンサー 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

申し込みだけでポイントがもらえる「楽天カーサービス」

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスの評価チャート

楽天カーサービスのポイント

  • 特徴①:申込みをするだけで楽天5ポイント、売却するとさらに楽天1,500ポイント
  • 特徴②:申し込みと同時に愛車の相場が分かる
  • 特徴③:申し込む前に査定業者を選択が可能

申し込みで楽天5ポイント、売却で楽天1,500ポイントもらえる

楽天カーサービス 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

買取業者を厳選している「かんたん車査定ガイド」

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドの評価チャート

かんたん車査定ガイドのポイント

  • 特徴①:JADRIの審査に通過した優良業者のみで安心感抜群
  • 特徴②:申込みと同時に買取相場が分る
  • 特徴③:入力がカンタン45秒で完了

申し込み後に愛車の相場が分かります

かんたん車査定ガイド 公式サイト

※入力45秒のカンタン入力

車一括査定がしっくりこない方は「車査定・買取の窓口」

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口の評価チャート

車査定・買取の窓口のポイント

  • 特徴①:売却予定車種に強い買取業者1社を厳選
  • 特徴②:電話は1社のみからしか掛かってこない
  • 特徴③:売却者全員に5,000円のキャッシュバックキャンペーン中

売却者全員に5,000円がキャッシュバックキャンペーン中

車査定・買取の窓口 公式サイト

※必ずしも売却する必要はありません。

まとめ

今回は名義変更や変更後の売却について解説してきましたがいかがでしたか?

名義変更の方法は簡単に理解できたかと思いますが書類に関しては少しだけ難しかったかと思います。

しかし

  • 売却前に所有者の名義を確認する
  • 所有者の名義が自分ではない場合は名義変更をする
  • 名義変更は車買取専門店や自動車ディーラーに任せると楽にできる
  • 名義変更後の売却は一括査定を利用するとお得になる

ということだけを覚えておけば大丈夫かと思います。

ぜひ実践して「極力楽に、極限までお得に」車売却をしてくださいね。

おすすめ記事

54view
これを見れば安心!車一括査定を利用する前に知っておくべき全知識

\ すぐに見たい方はコチラ / 車一括査定のオススメランキング インターネット上で車が高く売れる方法としてよく紹介されて ...

55view
新車とは違う!中古車の値引き事情と値引き交渉5つのコツ

車は私たちの生活になくてはならない存在ですが、生活への負担を増やさないために新車ではなく中古車の購入を検討している方も多 ...

396view

車を売ろうと考えていて、テレビCM/ラジオCMや町中の看板から「ガリバー」を思い浮かべる人も多いと思います。 そこで下記 ...

584view
ビッグモーター

車を売ろうと考えているとき、ふっとテレビCM、ラジオCMで流れている「ビッグモーター」を思い浮かぶ人も多いと思いますが、 ...

-車売却

Copyright© クルサテ , 2019 All Rights Reserved.